Raspberry Pi超小型PC Raspberry Piご案内

Posts Tagged ‘Raspberry Pi’

MATRIX Voice オープンソースの音声プラットフォーム

クラウドファンディングINDIEGOGOにおいてオープンソースの音声プラットフォーム”MATRIX Voice”が

目標の金額を大幅に超えた資金を集めています。

グースにおいても紹介をさせて頂いておりますMATRIX Creatorを供給していますMATRIX Labから

発表されたプロジェクトです。

 

MATRIX Voiceは円形の18個にLED、64GPIOピンのXilinx FPGA Spartan6及び

64Mbit SDRAMに接続された7つのMEMSマイクロフォンを備えたオープンソースの

音声認識プラットフォームです。

ハードウェアアプリケーションの開発はMATRIX OSが含まれおりJavaScriptを

使って数行のコードでアプリケーションの構築が出来ると説明しています。

MATRIX Voiceの7つのMEMSマイクアレイとMicrosoft Cognitive Service、

Amazon Alexa Voice Service、Google Speech API、Wit.ai、Houndifyなどの最新の

オンライン認知サービスを使用して、作成したアプリケーションの音声認識が活用

できます。

 

MATRIX CreatorとMATRIX Voiceを複数個使った音声スマートホームの提案もあります。

 

製品の内容はINDIEGOGOの記事を確認下さい。

a href=”https://www.indiegogo.com/projects/matrix-voice-open-source-voice-platform-for-all#/

メーカーサイトは以下となります。

https://creator.matrix.one/#!/index

 

 

5月より製品が随時出荷される予定となっています。

 

”MATRIX Creator”同様、グースでも取扱いを行っていく予定です。

 

 

 

汎用モータドライブ回路をプリント基板にしました!

モータコントロールのドライブ回路をプリント基板にしました。

ロボットなどにも東芝TA7291Pはよく使用されますが、ユニバーサル基板で毎回

実装するのは結構面倒です。

回路的はシンプルなものですが、Raspberry Piなどを使っての電子工作など

モータを使われるアプリケーションにおいてすぐ実装して使う事ができます。

サイズは68mm×48mmです。

 

回路図

部品表(プリント基板のみの販売となります。)

実装した時は以下のような感じになります。

 

ソフトウェアエンジニアの素人電子工作さんがロボットにこの基板を使っています。

このロボットにはAlteraのFPGAボードDE0をが使われています。

その他、Raspberry Piや周辺機器などを使った面白い記事もあります。

 

納期・価格に関しては ”お問合せ” よりご連絡下さい。

ショッピングサイトにおいてはクレジットカード、コンビニ払いでもご購入いただけます。

ご連絡をお待ちしております。

 

 

 

MATRIX Creator    Raspberry Piアドオンボード(FPGA Xilinx Spartan6搭載) その2

matrixraspi

MATRIX Creatorは既に販売を開始しています。

MATRIX Lab社はMATRIX CreatorのOS,CV(コンピュータビジョンライブラリ)、CLI(センサハブアプリケーション)を含むツールとソフトウェアをサポートしており、多くのソフトウェアが既に公開されています。

 

アプリケーション例が動画でも紹介されています。

・Rasberry PI Universal IR Remote with MATRIX Creator

・Build a DIY Amazon’s Alexa with a Raspberry Pi and a MATRIX Creator

・Self-Balancing Robot Prototype

matrix-robot

 

 

 

 

 

 

 

 

・Gesture triggering IR Transmitters

・Face Tracking

・Compass driving LEDs

いくつかはTutrialに詳細があります。

この動画はここからMatrix CreatorのExampleのページへアクセス下さい。

 

ボード中央に四角穴が開いています。Raspberryのカメラはそこにセットします。

 

matrix-%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%a9

 

通常のクラウドファウンディングで用いられる資金を調達するケースと異なり

出資をされた方は応募期間を終了時すぐに、製品を入手しています。

Xilinx社のDaily Blogでも紹介されています。

 

 

納期・価格に関しては ”お問合せ” よりご連絡下さい。

ご連絡をお待ちしております。

 

ショッピングサイト(こちらから)はクレジットカード、コンビニ払いがご利用頂けます

 

MATRIX Creator    Raspberry Piアドオンボード(FPGA Xilinx Spartan6搭載)

INDIEGOGOで人気を集めたMATRIX Creator

MATRIX Lab社が開発した 豊富なセンサーを搭載した低価格、最強のRaspberry Piアドオンボードです。

 

 Sensors

 

 

 Connectivity & Communications

 

また、35個のLEDをリング状に配置しています。

matrixled%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0

 

 

ボード上にはARM cortex3MマイクロプロセッサとXilinx Spartan6 FPGAが搭載されています。

接続図は下図を参考にして下さい。

matrix%e3%83%96%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%af%e5%9b%b3

 

 

 

既に一般への販売を開始しています。

グースでは近日に入荷を予定しています。

価格及び納期に関しては ”お問合せ” より連絡をお願い致します。

 

10月31日 入荷しました!

ショッピングサイト(こちらから)はクレジットカード、コンビニ払いがご利用頂けます

 

~Openelectrons社と販売契約を結びました。

この度Openelectrons社と正式契約し、販売を開始する事となりました。

同時にLegoマインドストームのセンサーなどの関連製品を製造していますMindsensors社の取り扱いも可能となります。

(Mindsensor社のWebサイトwww.mindsensors.com

 

新着記事にてRaspberry Piカメラの首振りマウントキット(Pi-Pan Tilt Kit)は何度か掲載をしていますが、

全ての製品に関して販売が可能となりました。

首振りマウントKitに装着出来るLEDライト(Pan-Light)をはじめ、バッテリーが手に入りやすい

ニッケル水素電池を使ったRaspberry Pi用のUPS(SmartUPS)、Raspberry Piをどこからでも

コントロールしたい時に PiConsole(PCやタブレット、Android、iPhoneなどがPiのコンソールになります。)

など、様々な製品があります。

 

 rasperry pi Pi-Pan mount kit  bplus-clear-case-w150 pi-light-w150 Smart UPS

 

 PiConsole-BT-w150 MagicWand Kitw400 UPS for Raspberry Pi Pi Prototyping Kit

 

Openelectrons社のWEBサイトはこちらから。

 

製品に関しての概要は新着記事にて紹介をしていきます。

価格、納期に関しては「問合せフォーム」にてご連絡を頂くか、

goose@goose-pc.net  までメールにてご連絡をお願い致します。

 

また、ご購入に際してはこちらで対応しております。
(随時追加してまいります。)

クレジットカード、コンビニ払いの対応が可能です。

~LOGI-PI-2~   LOGIファミリーがバージョンアップされました

Raspberry Pi の拡張ボードとして使えるFPGAボード LOGI-PI の改良バージョンLOGI-PI-2

が供給をスタートしました。

LOGI-PI-2 LOGI-PI-2 内容物

主な変更点は以下となります。

– FCC/CE class B approved

– micro-usb connector to supply any extra power needed that the Pi/bone cannot supply- the connector is PWR ONLY – not usb (did not want to add cost)

– added i2c gpio expander to handle IO configuration of the FPGA – dedicated Pi pins no longer needed and can be used elsewhere

– removed Pi SPI pins from the shared FPGA/Flash pins so that the FPGA can freely access flash and communicate with the Pi with no conflict

– minor change to form factor – added B+/2 mounting holes (kept A/B holes as well)

*LOGI-PIの仕様は過去の記事(こちら)をご覧下さい。

 

当製品に関しては「問合せフォーム」にてご連絡を頂くか、

goose@goose-pc.net  までメールにてご連絡をお願い致します。

 

また、ご購入に際してはこちらでも対応しております。

クレジットカード、コンビニ払いの対応が可能です。

~UDOO Neo~  Raspberry Pi+Arduino+Wi-Fi+BT4.0+Sensor

Kickstarterで発表されていますUDOO Neoのプロジェクトが面白そうです。

記事はこちらから確認して下さい。

 

UDOO NeoはRaspberry Pi(85.6×56.5mm)とほぼ同じサイズ(85×59.3mm)の基板に

Linux/Android PCとArudinoをマージした製品です。

CPUはFreescale iMX6SoloX(ARM Cortex-A9とARM Cortex-M4)の2つのコアを搭載を使用しています。

Memoryは512MB(Neo Basic)か1G(Neo)のDDR3の2タイプがあり、WiFiやBluetootは標準で装備、

9軸のインテグレイトセンサーはNeoタイプに搭載しています。

UDOO

 

Raspberry+Arduinoのプロジェクトがこれ一枚でさらに小型で実現する事もできるかもしれません。

 

正式に製品がリリースされた際はグースでも扱っていく事を検討しています。

ご興味のある方、お問合せよりご意見、ご要望をお聞かせ頂ければ幸いです。

Xilinx  開発プラットフォームボード FPGAボード 周辺機器

 

Xilinx製品を使った様々なボード及び周辺機器を販売しています。

 

ARMとFPGAを融合したデバイスZynqの開発プラットフォームボードZYBOやZed Board

ZYBO-revB-obl-600

ZYBO

ZedBoard

ZedBoard

 

最新FPGAのArtix-7の開発プラットフォームボード Nexys4 DDR、

Raspberry PiのGPIOに直接接続し、動作させる事ができるFPGA拡張ボード LOGI-PI-2

FPGA(Zynq)を使ったオープンソースのスパコンボード Parallella Board

Nexys4 DDR

Nexys4 DDR

LOGI-PI

LOGI-PI-2

81WISHD-0xL._SL1500_

Parallella Board

特徴のある製品を紹介し、販売しています。

 

その他の開発ツールボード、周辺機器の販売もしておりますお気軽にお問合せ下さい。

Micro ZedBoard

Micro ZedBoard

 

PmodACL2-obl-600

Pmodモジュール

Parallellaケース

Parallellaケース

 

当製品に関してのお問合せは「問合せフォーム」より”FPGA”もしくは”FPGA開発ツール”と記入頂き、ご連絡下さい。

一部の製品はクレジットカード、コンビニ払いでの対応が可能なこちらのサイトでも販売しております。

 

 

FPGAを使ったオープンソースのスパコンボード Parallella Board

Parallella BoardはAdapteva社*がKickstarter**で2012年10月に開発資金調達に成功した

オープンソースプロジェクトです。

16個の演算コアが搭載されており、高速並列処理プログラミングが行える小型の

スーパーコンピュータボードです。

 

制御用にXilinx社 Zynq7000とAdapteva社 演算用アクセラレータEpiphany

(並列処理プロセッサ)を小型の基板に搭載しています。

Parallella Board

コンパクトなサイズでLinux OSなどで高速な並列処理プログラミングが行えます。

複数枚をつなげ個人でスーパーコンピューターを作成する事も夢ではありません。

Raspberry Piをネットワーク経由で接続して外部GPUとして使うことも可能です。

 

ご興味のある方、お問合せよりご意見、ご要望をお聞かせ下さい。

 

*Adapteva社  http://www.adapteva.com/

**Kickstarterの記事はこちら https://www.kickstarter.com/projects/adapteva/parallella-a-supercomputer-for-everyone?ref=nav_search

Raspberry財団 Official Blog Pi2の記事

 

Raspberry Pi2 Model Bが発売されて人気を集めていますが、Raspberry財団のオフィシャルサイトの

ブログに幾つかの記事がアップされています。

 

2nd Feb 2015

Raspberry Pi 2 Model B

 

Raspberry Pi2が発売されたアナウンスの記事です。製品の特徴、Model B+からの変更点などが

書かれています。Pi2はCPUの変更に伴い新たなOSのSDを作成する必要がありますが、

ダウンロードページへこの記事からリンクされています。

Windows10が無償供給される予定やちょっと気になる事項のQ&Aも書かれています。

 

5th Feb 2015

Screen Shot 2015-02-05 at 14.58.13

 

 

 

 

 

 

Pi2のベンチマークを紹介しています。Twitterでの書込みやAdafruitのCPUテスト結果とも

リンクを貼っています。

また、幾つかのデバイスとの比較がすぐわかるテーブルも用意されています。

 

9th Feb 2015

キセノンフラッシュやレーザーポインタを照射するとCPUの供給電圧が下がり

機能の停止が起こる問題について書かれています。

太陽光や通常の環境では起こらないとの事なので、普通に使用される場合は

問題はないと思われます。

 

ご購入に際してはこちらで対応致します。

« Older Entries   Raspberry Piのお問合せ
  Raspberry Pi超小型PC Raspberry Piご案内
Raspberry Pi
超小型PC|Raspberry Pi|ハードウェア開発ソフトウェア開発
Raspberry PiやArduinoをはじめオープンソースを利用した製品化のGoose
〒567-0012 大阪府茨木市東太田2-1-10-4 Tel/Fax:072-601-3330
Copyright© 2010 超小型PC|Raspberry Pi|ハードウェア開発ソフトウェア開発 All Rights Reserved.
Top