Development board超小型PC Raspberry Piご案内

Posts Tagged ‘Development board’

Ultra96 Version2がリリースされました。

Ultra96のrev2製品のリリース案内がUS AvnetのWeb  (こちら)にて公開されました。

型番はAES-ULTRA96-V2-Gとなります。

従来品からの大きな変更点としては以下が記載されています。

・WiFi/BluetoothモジュールがTI社製からMicrochip製品へ変更

・Infinion製、電源監視ICの追加

 

国内で受注の受付けが始まっています。

グースは既に手配を入れておりますが、初回の納入は5月末~6月初旬の見込みです。

 

お問合せ、製品の確保の要求等、以下の見積り依頼より連絡を頂けますよう

お願い致します。

見積り依頼メールフォーム

PYNQ image version2.4(New) がリリースされました。

PYNQ imageversion2.4(New) に更新されました。

PYNQ-Z2ボード(BASIC KIT) Tul社製  型番:1M1-M000127DJB

PYNQ version 2.4 Highlights

Board Additions

o RFSoC support added in the new ZCU111-PYNQ repository in collaboration with partners from the University of Strathclyde.

Programmable Logic Updates

o Partial reconfiguration support added in collaboration with partners from Brigham Young University. Expanded metadata parsing using the Vivado HWH file format

o All bitstreams built using Vivado 2018.3

SDBuild Updates

o Yocto recipes added for including PYNQ in PetaLinux root file systems

o Vagrant configuration file for users building their own SDCard images

o Boot partition built on Petalinux 2018.3

o SDSoC 2018.3 support added

*新たにRF回路を持ったZCU111ボードへの対応が追加されています。ZCU111ボードは高性能 RF アプリケーションに対応する RF クラスのアナログ設計を実現させる事ができる高性能な評価システムです。
ZCU111ボードに関してはXilinx社の製品ページこちらをご覧下さい。

 

オフィシャルにサポートされています各ボード(PYNQ-Z1,PYNQ-Z2、ZCU104及びZCU111)のBoot imageはPYNQ.ioよりダウンロードできます。 PYNQ-Z2ボードのBoot imageはTul社のWebサイトからもダウンロード可能です。

 

PYNQ製品に関してのお問合せはお問合せページ よりご連絡をお願い致します。

グース ショッピングサイトではクレジットカード、コンビニ払いのご購入にも対応しております。

 

Ultra96ボード 現行品は生産終了、新規リビジョン品が4月にアナウンスされます

現行のUltra96ボードの生産を終了しました旨のアナウンスがメーカー(Avnet社)よりありました。

新たなリビジョンへの更新がされ、本年4月以降にリリースが予定されております。
現行品においてはメーカー(Avnet社)での在庫が完売したとの状況で、新規の手配が出来ません。
ご不便をおかけ致す状況となり申し訳ございませんが、新製品のリリースまで暫くお待ち頂けますようお願い致します。

グースでは新製品のリリース状況を随時確認しアナウンスしてまいります。

下記、Blog記事をアップデートしました。2019/4/8

Ultra96 Version2がリリースされました。

 

ご質問及びご要望がございましたら、お手数ですが“お問合せ”より連絡をお願い申し上げます。
(お急ぎ、現行リビジョン品入手をご希望の際は海外の流通在庫を照会し、対応できる場合がございます。
ご相談下さい。)

Ultra96 型番:ADS-ULTRA96-G 販売開始!

Avnet社より発売されましたXilinx社 ZynqUltraScale+MPSoCを使ったUltra96ボード(型番:AES-ULTRA96-G)

販売開始が遅れておりましたが、出荷が開始されました。 グースでも若干数が入荷されています。

 

 

 

 

納期、価格等に関してはお問合せページ よりご連絡下さい。

グース ショッピングサイトではクレジットカード、コンビニ払いのご購入ができます。

Digilent Embedded Vision Bundle    ZYBO+5Mピクセルカメラ” PCam 5C “

Digilent Embedded Vision Bundle はXilinx FPGA SoC評価ボードZYBO Z7-20(SDSoC Voucher付)と5Mピクセルカメラ” PCam 5C “の組み合わせでエンベデッドビジョン製品やアプリケーションの開発に最適な組合せです。

 

5Mピクセルカメラ PCam 5C  型番:410-358 はCSI-2インターフェースを持ち、ホワイトバランス、自動ブラックレベル較正、彩度、色相、ガンマ、シャープネスの調整などの画質を向上させるさまざまな内部処理機能が含まれています。

 

Zybo Z7とPcam 5Cを使ったデモ詳細はPcam 5CのRefrence centerで見る事が出来ます。

Zybo Z7 Pcam 5C Demo

 

5月末に開催されたDigient社の”ZYBO Z7 & Pcam 5C HLS ビデオワークショップ ”においては

Vivado HLS*を用いてプロジェクト作成の説明及び実習が行われました。

(Workshopで使われたサンプル画像とエッジ検出を行った際の画像)

* Xilinx の高位合成製品は、Vivado 製品ファミリの一部で、Vivado HLS と呼ばれています。 ワークフローは、初期段階から設計が要件を満たし、適切に機能することを確認しながら検 証を行うシミュレーションを使用したインタラクティブな手法です。Vivado HLS は以下を可能にします。
 • C/C++ アルゴリズムのコンパイル、実行、デバッグ
 • RTL 実装への合成
 • 分析機能の提供
 • RTL シミュレーションテストベンチの生成および実行
 • IP モジュールとして RTL 実装のエクスポート

 

納期、価格等に関してはお問合せページ よりご連絡下さい。

グース ショッピングサイトではクレジットカード、コンビニ払いのご購入ができます。

Avnet社 Ultra96 Boardをプレスリリース 型番:AES-ULTRA96-G

Avnet社よりXilinx社 ZynqUltraScale+MPSoCを使ったUltra96ボード(型番:AES-ULTRA96-G)の製品発表がありました。

https://www.avnet.co.jp/news/pressrelease/2018/03/20.aspx

 

ARM アーキテクチャ向けのオープンソースソフトウェアの開発を専門とするLinaro

作成した、96BoardsConsumer Editionの仕様に対応した製品となっています。

FEATURES

 

*技適につきましては国内技適取得済のTI社WL18MODを採用しています。

 

詳細につきましては以下サイトにてご確認を頂けますようお願い致します。

http://www.zedboard.org/product/ultra96

 

尚、製品の出荷開始は5月中旬以降の予定となっております。

ご要求に応じ、先行手配致します。見積依頼よりご連絡をお願い致します。

価格、その他のお問合せも見積依頼よりお願いします。

⇒販売開始しています。

Ultra96 型番:ADS-ULTRA96-G 販売開始!

 

グースECサイトではクレジットカード、コンビニ払いが可能です。

 

 

 

Xilinx FPGA 開発プラットフォーム ”Arty”ファミリー ラインナップ

ArtyシリーズはXilinx社、FPGA及びプログラマブルシステムオンチップ(APSoC)デバイスを対象とした、すぐに使用できる開発プラットフォームです。

各製品は以下のようにXilinx社のFPGAファミリーに対応しています。

Artyシリーズが持つ主な特徴は以下のようなものです。

  1. White PCB
  2. At least 2 Pmod Ports – (the Arty Z7 has replaced 2 of the Pmod Ports with HDMI in and HDMI Out)
  3. Dual Row Arduino/ chipKIT Expansion
  4. On board programming over USB
  5. Four buttons
  6. Four LEDs
  7. 2 RGB LEDs
  8. 2-4 Switches
  9. USB Power switchable with a 7-15V Barrel Jack Adapter
  10. A USB-UART Bridge
  11. qSPI boot option

 

メーカー(Digilent社)の最新Blogにおいて各ファミリー製品のラインナップ、比較表を見る事ができます。(一部、未リリース品が含まれております。ご注意下さい。)

Arty Party- Get a Look at our Arty Line-Up!

 

Artyファミリーの製品をご検討の際は参考にされては如何でしょう。

納期、価格のお問合せは見積依頼よりお願い致します。
グースECサイトではクレジットカード、コンビニ払いが可能です。

 

Pcam 5C 5MPカラーカメラモジュール 型番:410-358 (新製品)

Digilent社からCSI-2インターフェースの5Mピクセルカラーカメラモジュール”Pcam 5C”が販売開始になりました。

Omnivision OV5640  5メガピクセル(MP)カラーイメージセンサを使用し、ホワイトバランス、自動ブラックレベル較正、彩度、色相、ガンマ、シャープネスの調整などの画質を向上させるさまざまな内部処理機能が含まれています。

データは、1080のような一般的なビデオストリーミングフォーマットをサポートするのに十分なデータ帯域幅を提供するデュアルレーンMIPI CSI-2インタフェースを介して720P(30フレーム/S)(60フレーム/S)で15ピン フラットフレキシブルケーブル(FFC)を介してFPGA開発ボード(現在は”Zybo Z7”)に接続されます。

Features:

 

リファレンスマニュアル、及びその他の資料はDigilent社リソースセンターから入手出来ます。

Zybo Z7とPcam 5Cを使ったZybo Z7 Pcam 5C Demoの詳細も見る事ができます。

 

納期、価格等に関してはお問合せページ よりご連絡下さい。

グース ショッピングサイトではクレジットカード、コンビニ払いのご購入ができます。

Pcam 5Cのページはこちら

Zybo Z7-20のページはこちら

Zybo Z7-10のページはこちら

MiniZed Kit(その2) 型番:AES-MINIZED-7Z007-ASIA

MiniZed Kit(型番:AES-MINIZED-7Z007-ASIA)はAvnet社のシングルコアARM搭載のFPGA”Zynq7000S”を使った開発プラットフォームです。

MiniZed Kitには
– MiniZed development board
– Voucher for SDSoC license from Xilinx
– Micro USB cable

が含まれています。

 

 

製品詳細はMiniZed.orgにてご確認下さい。

 

Reference DesignやTutolialsは以下のサイトから入手出来ます。

(ダウンロードには簡単な登録が必要です。)

http://zedboard.org/support/design/18891/146

各種Pmodモジュールとの使う際の情報もここから入手出来ます。

搭載のWiFiを使い、MJPEG Video Streamingのリファレンスデザインもあります。

カメラはTDNext Pmod Camera Moduleを使っています。

 

 

 

納期、価格等に関してはお問合せページ よりご連絡下さい。

グース ショッピングサイトではクレジットカード、コンビニ払いのご購入に対応しております。

 

 

 

Zyboのニューバージョン登場! Zybo Z7-10 / Z7-20(型番:410-351-10及び-20)その2

ZynqのデベロップメントボードZYBOに新しいアップデート製品がリリースされています。

Xilinx XC7Z010-1CLG400C搭載のZybo Z7-10とより大きなXC7Z020-1CLG400Cを搭載したZybo Z7-20の2つのバージョンがあります。

(上記写真はZybo Z7-20です。 Z7-10はヒートシンクはありません。)

Zybo Z7-10バージョンは、従来のZybo上と同じZynqチップを使用していますが、DRAMを512MBから1GBに倍増させ、低消費電力のためにDDR3メモリを使用します。667MHzへプロセッサ速度の改善もされています。

Zybo Z7-20バージョンも同様の改良が施されており、ルックアップテーブル、フリップフロップ、ブロックRAMは3倍、クロックマネージメントタイルは2倍の増加です。ZynqはXC7Z020-1CLG400Cが搭載されています。

Zybo Z7-10/-20の周辺機器(ヘッドフォン出力、マイクやラインを含めたUSB OTG、イーサネット、microSDカード、USBから設定可能電源)は従来のZyboから変更はありません。

オリジナルのZyboにはシングルHDMIシンクとソースポートがありましたがHDMI入力ポートとHDMI出力ポートに変更されています。
Zybo Z7では、VGAコネクタはありません。VGAサポートが必要なユーザーはPmod™VGAで対応が出来ます。
Zybo Z7はPcamが搭載されています。PcamコネクタはMIPI-CSI2またはMIPI-カメラシリアルインターフェイスで、1080P、4Kおよび高解像度の写真撮影などの広範な高速ビデオオプションをサポートする標準コネクタです。ラズベリーパイカメラや、今年後半にリリースされるDigilent Pcamモジュールなどで幅広いカメラオプションを使用できます。

変更点はこちらの記事もご確認下さい。

製品はVoucher付きで販売されます。

Zynq 7000 XC7Z010 搭載品  型番:471-014

Zynq7000 XC7Z020 搭載品   型番:471-015

 

納期、価格のお問合せは

https://www.goose-pc.net/inquiry

よりお願い致します。

グース ショッピングサイトではクレジットカード、コンビニ払いのご購入に対応しております。

型番:471-014はこちらまで

型番:471-015はこちらまで

 

« Older Entries   Development boardのお問合せ
  Development board超小型PC Raspberry Piご案内
Development board
超小型PC|Raspberry Pi|ハードウェア開発ソフトウェア開発
Raspberry PiやArduinoをはじめオープンソースを利用した製品化のGoose
〒567-0012 大阪府茨木市東太田2-1-10-4 Tel/Fax:072-601-3330
Copyright© 2010 超小型PC|FPGA|Raspberry Pi|ハードウェア開発ソフトウェア開発 All Rights Reserved.
Top