goose.thebase.in超小型PC Raspberry Piご案内

Posts Tagged ‘goose.thebase.in’

Arty Z7:APSoC Zynq-7000開発ボード <その2> 型番:410-346-XX

ZynqはプロセッサとFPGAの組合せで様々なアプリケーションに活用する事が出来る

チップです。

販売が開始されたZynq搭載の評価開発ボードはArty Z7には2つのタイプがあります。

XC7Z010-1CLG400Cが搭載されたArty Z7-10(型番:410-346-10)*及び

XC7Z020-1CLG400Cが搭載されたArty Z7-20(型番:410-346-20)の2種類に

なります。

*-10は現在供給開始待ちです。

 

従来販売されているZYBOやZedboardとどこが異なるかをDigilent社はBlogのページで分かりやすく説明しています。

使用されているデバイスによるスペックがもたらす仕様は別にして、大きく異なる点としては

・HDMI入力と出力

・USBホストの追加

・Arduino(chipKIT)シールとコネクタ

などがあげられます。

 

リソースセンターページより

HDMI入力HDMI出力、それぞれのデモプロジェクトを入手できます。

Githubに収められたArty Z7でのPetalinux Quick Start Guideもあります。

 

納期、その他、お問合せフォームより気軽にご連絡下さい。

ショッピングサイトにおいてはクレジットカード、コンビニ払いでもご購入いただけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

Zynq UltraScale+ MPSoC搭載 UltraZed-EG スターターキット販売開始

UltraZed-EGスタータキットは

Xilinx社 Zynq UltraScale+ MPSoC*(XCZU3EG-SFVA625)を搭載したUltaraZed-EG-SOMと

UltraZed IOキャリアカードで構成されたAvnet社製のKitです。

 

キット概要

・UltraZed-EG SOM

・UltraZed-EG IO キャリアカード

・Ethernet ケーブル 1本

・USB A-micro-B ケーブル 2本

・12V 電源アダプター

・MicroSD カード(8GB)

 

UltraZed-EG-SOM

IO キャリアカード インターフェイス

インターフェイス

 

高いパフォーマンスのシステム構築を可能にし、システムの立ち上げまでのデバッグ時間も

短縮出来ます。

*Zynq UltraScale+MPSoCの仕様はXilinx社のセレクションガイドのページで確認出来ます。

 

納期、価格のお問合せは”お問合せ”のページより連絡をお願いします。
ショッピングサイト(こちらから)はクレジットカード、コンビニ払いがご利用頂けます
UltraZed-EGスタータキット

 

Cmod A7(ブレッドボードタイプ Artix-7 FPGAモジュール)を販売開始

Digilent 製 Cmod A7 はザイリンクス Artix-7(15T/ 35T)が実装された小型かつ、

ブレッドボードに準拠した48 ピンの DIP 形状のボードです。

CmodA7

 

USB-JTAG プログラミング回路、USB-URAT ブリッジ、クロックソース、Pmod ホストコネクタ、

SRAM、Quad-SPI Flash 及び基本的な I/O を持っています。

これらのコンポーネントはザイリンクスの開発ソフトウェア Vivado を用いてコンパクトな

プラットフォームを実現できます。

 

システム
・512KB SARM(8-bit bus, 8ns アクセスタイム)
・4MB Quad-SPI Flash
・USB-JTAG プログラミング回路
・USB もしくは、外部からの 3.3-5.5V 電源供給可能
システムの接続性
・USB-UART ブリッジ
インターフェイス、表示
・2個の LED
・RGB LED
・2個のプッシュボタン
拡張コネクタ
・48 ピンDIP コネクタ(44ピン デジタル I/O, 2つのアナログ入力 [0-3.3V] )
・1個の Pmodコネクタ(8ピン デジタルI/O)

 

Cmod A7-15T(410-328)XC7A15T-1CPG236C搭載タイプと

Cmod A7-35T(410-328-35)XC7A35T-1CPG236C搭載タイプの2種類があります。

Cmod.表png

 

Resource CenterのページではTutorialやExample Project等、様々な情報が入手出来ます。

リファレンスマニュアルはこちらから入手が出来ます。
納期及び価格、その他 ”お問合せフォーム” でご連絡下さい。

ショッピングサイトにおいてはクレジットカード、コンビニ払いでもご購入いただけます。

 

AMS101 Xilinx FPGA内臓のXADCの検証に簡単に使えます<その2>

AMS101 評価カードは、XADC (ザイリンクス アナログ デジタル コンバーター) アナログ信号の検証が
可能な評価プラットフォームです。

 2016-04-25 14.16.12
AMS101を使う為にAMS Evaluator をダウンロードします。
National Instruments 社のLabView ソフトウェアをベースに構築されたAMS Evaluator には、
XADC 測定結果を表示する為のAMS101 評価カードとリファレンス デザインが付属します。
ダウンロードの方法はXilinx社Wikiページにて確認できます。
手順に従ってファイルをダウンロードするとショートカットアイコンが出現します。
AMS Icon
こちらから入手したユーザーマニュアルに基づきFPGAボードと組合せて使用していきます。
Artix-7の安価な評価ボードArtyボードと使う場合は以下のページをを参照下さい。
http://www.wiki.xilinx.com/ARTY+A35T+AMS
AMS101 Arty

 

AMS101に関しての納期及び価格は”お問合せフォーム”でご連絡頂くか、goose@goose-pc.net 宛メールでお問合せ下さい。
ショッピングサイトにおいてはクレジットカード、コンビニ払いでもご購入いただけます。

ご連絡お待ちしています。

AMS101 Xilinx FPGA内臓のXADCの検証に簡単に使えます

AMS101 評価カードは、XADC (ザイリンクス アナログ デジタル コンバーター) および
アナログ信号の検証が可能な評価プラットフォームです。
製品概要はXilinx社のこちらで確認して下さい。

XADCは7シリーズやZynqに内臓されているDual 12Bit 1MSPS ADCの回路です。
XADC BLOCK DIAGRAM
このADCを活用する為の評価カードとなります。
製品内容
  • AMS101 評価カード
    • 7 シリーズまたは Zynq-7000 SoC ベースボード上の利用可能な XADC ヘッダーへプラグイン
  • BNC コネクタ ミニ グラバー
    • 赤と黒の BNC コネクタ (外部信号ソースの接続用)
  • ボード デザイン ファイル

箱を開けるとボ-ドと2個の赤と黒のBCNコネクタを持ったMini Grabberが入っています。

2016-04-25 14.18.06

AMS101はXilinx FPGA7シリーズおよびZynq7000の殆どの評価ボードと組み合わせて

簡単に使用する事が出来ます。

AMS101の使い方についてはXilinx社の

こちらからユーザーマニュアルがダウンロード出来ます。

ZedBoardとの接続方法に関してはお問合せ下さい

 

Zedboardと接続した状態です。

IMG_0682[1]Zedboard AMS101

 

AMS101を使う為にAMS Evaluator をダウンロードします。

AMS Evaliater

AMS Evaluator は無償で提供されているソフトウェア ツールです。

ダウンロードや使い方についてはユーザーマニュアルに従い実行して下さい。

7 シリーズ FPGA および Zynq AMS Evaluator Installer を選択し、

AMS Evaluator Installer ファイルをダウンロードしてください。

AMS101_FrequencyDomain AMS101_Sensor AMS101_TimeDomain

 

AMS101に関しての納期及び価格は”お問合せフォーム”でご連絡頂くか、goose@goose-pc.net 宛メールでお問合せ下さい。
ショッピングサイトにおいてはクレジットカード、コンビニ払いでもご購入いただけます。

ご連絡お待ちしています。

Arduino互換品 chipKIT の取扱いを始めました

chioKIT MAX32

chioKIT MAX32

PIC32を搭載したchipKIT Max32 はArduinoピンアウト互換のボードです。

3.3Vで動作できるものであれば、Arduino用シールドを使うことができます。

スタータKit製品も用意されています。

 

chipKIT-Pi-obl-600-big-500x361

chipKIT Pi

chipKIT Stater KIT

chipKIT Starter KIT

chipKIT Basic I/O Shield

chipKIT Basic I/O Shield

 

chipKITのラインナップはこちらのWebサイトで一覧を確認できます。

スタータKit製品やShield製品もラインナップされています。

PIC32をサポートするよう改良されたArduinoIDE(オリジナルのArduinoもサポート)で、

容易にプログラミングができます。

www.chipkit.net/startedからダウンロードし、入手して下さい。

 

 

納期及び価格は”お問合せフォーム”でご連絡頂くか、goose@goose-pc.net 宛メールでお問合せ下さい。
ショッピングサイトにおいてはクレジットカード、コンビニ払いでもご購入いただけます。

ご連絡お待ちしています。

 

Xilinx社 Zynq 評価ボードの選び方 <Ⅰ> MicroZedは組込みも出来るZynq FPGA評価ボードです。

MicroZed front_view_overlay
Zynqを使った生産数が比較的少量で進められるプロジェクトや短期間で製品化が必要な場合は

SoMでの実現が出来るかの検討をしたいものです。

少しの変更をする事で使用が可能となるソリューションを探している場合、MicroZedボードは

そういった時にもってこいの製品です。

MicroZed Block Diagram

 

評価用に供給をしていますAES-Z7MB-7Z010-GはZynq7010を使用しています。

スタンドアロン・モードでMicroZedでスタートし評価を開始する事が出来ます。

また、簡単にI/OキャリアカードAES-MBCC-IO-G-J(ご購入はこちらから)

または新たに設計したキャリアカードを追加することでSOMとして機能を拡張できます。

io_0

 

 

納期及び製品に関してのお問合せは

”お問合せフォーム”もしくはメールgoose@goose-pc.netにご連絡下さい。

 

ショッピングサイトにおいてはクレジットカード、コンビニ払いでご購入いただけます。

こちらで対応しております。

ご連絡お待ちしています。

Xilinx FPGA Artix7の低価格評価ボード ”Arty”  その3

Artyは低価格で使用が簡単なXilinx社Artix-7 FPGA評価キットです。

 Arty-Front-Angle-250x250 Arty-Front 2015-10-17 12.22.23

製造元のDigilent社のWikiサイトからも製品詳細情報を見る事が出来ます。

Arty Resource Center

ユーザーマニュアルは

こちらにあります。

 

動画での説明もYou Tubeで公開されています。

動画はこちらから

Xilinx社の方が説明しています。

Arty You Tube

 

納期及びその他は”お問合せフォーム”もしくはメールgoose@goose-pc.net迄ご連絡、お問合せ下さい。

ショッピングサイトにおいてはクレジットカード、コンビニ払いでご購入いただけます。

ご購入に際してはこちらで対応しております。

ご連絡お待ちしています。
 

 

 

Xilinx FPGA Artix7の低価格評価ボード ”Arty” 販売開始!!!

Arty  FPGA Evaluation Kitは組込み設計にカスタマイズ可能な低価格開発キットです。

Xilinx FPGA Artix-7 35Tを使ったプロトタイプの作成やテスト用、

ソフト プロセッサを使ったシステムの検討などに低価格で使える評価用ボードです。

Arty-Front

Kit内容

・​Avnet Artix-7 35T Evaluation Board
– Artix-7 XC7A35T-L1CSG324I Device

・Software Tools
– Xilinx Vivado: Design Edition – Device locked to XC7A35T

Arty-Front-Angle-250x250

詳細はAvnet社のWebページをご覧下さい。

 

納期及びその他、”お問合せフォーム”もしくはメールgoose@goose-pc.net迄ご連絡、お問合せ下さい。

グースでは低価格 14,980円(税別、送料別)で販売を開始します。

ご購入に際してはこちらでも対応しております。

ショッピングサイトにおいてはクレジットカード、コンビニ払いでの購入が可能です。

 

 

ZedBoard.orgの使い方 <その3>

ZedBoard.orgからは様々な情報が入手出来ます。

”↙” 部をクリックします。

Zedorg Fourms

Forumsでは使った際に起こったトラブルや問題などを共有しています。

残念ながら英語のサイトしかありませんが、トラブルの際に役立ちます。

Zed English Forum

結構の頻度で更新されていますので、問題が起こった際にはのぞいて

みられては如何でしょうか?

Sftware Application

« Older Entries   goose.thebase.inのお問合せ
  goose.thebase.in超小型PC Raspberry Piご案内
goose.thebase.in
超小型PC|Raspberry Pi|ハードウェア開発ソフトウェア開発
Raspberry PiやArduinoをはじめオープンソースを利用した製品化のGoose
〒567-0012 大阪府茨木市東太田2-1-10-4 Tel/Fax:072-601-3330
Copyright© 2010 超小型PC|Raspberry Pi|ハードウェア開発ソフトウェア開発 All Rights Reserved.
Top