ZedBoard超小型PC Raspberry Piご案内

Posts Tagged ‘ZedBoard’

PetaLinux   Xilinx FPGAのエンベッデッドLinuxの設計を加速します

PetaLinux ツールは、ザイリンクスのプロセッシング システム上でエンベデッド Linux ソリューションを

カスタマイズ、ビルド、およびデプロイするために必要なものをすべて提供します。

 

ザイリンクスのハードウェア設計ツールと連動し、Zynqおよび MicroBlaze向けの

Linux システム開発を容易にします。

PetaLinux ツールのライセンスは必要ありません。

PetaLinuxの情報はPetaLinuxツールのページで確認が出来ます。

 

Xilinx社のセルフラーニング チュートリアルから

“Zynq-7000 All Programmable SoC : エンベデッド デザイン チュートリアル”

効率的なエンベデッ ドシステム構築をサポートするハンディ ガイドが入手する事が

出来ます。

この資料はZynq7000評価用ボードZC702をベースに書かれています。

 

ZedboardZYBOなどの評価ボードを使ってPetaLinuxを習得し、効率的なシステム構築を

お考えの方はお問合せ下さい。

 

グースではPetalinuxをはじめFPGAの開発に関わるコンサルティングの契約や

オンサイトでのトレーニングなどのご要求に対応致します。

”お問合せフォーム”でご連絡頂くか、goose@goose-pc.net 宛メールでお問合せ下さい。

 

評価用ボードのご購入はショッピングサイトにおいてはクレジットカード、コンビニ払いでもご購入いただけます。

ご連絡お待ちしています。

AMS101 Xilinx FPGA内臓のXADCの検証に簡単に使えます

AMS101 評価カードは、XADC (ザイリンクス アナログ デジタル コンバーター) および
アナログ信号の検証が可能な評価プラットフォームです。
製品概要はXilinx社のこちらで確認して下さい。

XADCは7シリーズやZynqに内臓されているDual 12Bit 1MSPS ADCの回路です。
XADC BLOCK DIAGRAM
このADCを活用する為の評価カードとなります。
製品内容
  • AMS101 評価カード
    • 7 シリーズまたは Zynq-7000 SoC ベースボード上の利用可能な XADC ヘッダーへプラグイン
  • BNC コネクタ ミニ グラバー
    • 赤と黒の BNC コネクタ (外部信号ソースの接続用)
  • ボード デザイン ファイル

箱を開けるとボ-ドと2個の赤と黒のBCNコネクタを持ったMini Grabberが入っています。

2016-04-25 14.18.06

AMS101はXilinx FPGA7シリーズおよびZynq7000の殆どの評価ボードと組み合わせて

簡単に使用する事が出来ます。

AMS101の使い方についてはXilinx社の

こちらからユーザーマニュアルがダウンロード出来ます。

ZedBoardとの接続方法に関してはお問合せ下さい

 

Zedboardと接続した状態です。

IMG_0682[1]Zedboard AMS101

 

AMS101を使う為にAMS Evaluator をダウンロードします。

AMS Evaliater

AMS Evaluator は無償で提供されているソフトウェア ツールです。

ダウンロードや使い方についてはユーザーマニュアルに従い実行して下さい。

7 シリーズ FPGA および Zynq AMS Evaluator Installer を選択し、

AMS Evaluator Installer ファイルをダウンロードしてください。

AMS101_FrequencyDomain AMS101_Sensor AMS101_TimeDomain

 

AMS101に関しての納期及び価格は”お問合せフォーム”でご連絡頂くか、goose@goose-pc.net 宛メールでお問合せ下さい。
ショッピングサイトにおいてはクレジットカード、コンビニ払いでもご購入いただけます。

ご連絡お待ちしています。

Xilinx Zynq7000を使ったターゲットアプリケーション評価キット 各種

Avnet社が供給しています、Zynq-7000シリーズのターゲットアプリケーションに特化した開発Kitのご紹介です。

 

MicroZed Embedded Vision 開発キット

MicroZed Embedded KitMicroZedエンベデッド ビジョン開発キットは、ビデオ アプリケーション向けの

開発キットです。 キットには、カスタム ビデオ アプリケーションの開発に

必要なハードウェア、ソフトウェア、およびIP コンポーネントが含まれます。

 

 

 

キット内容

 

10-inch  タッチディスプレイ キット

10inch Displaykit
10 インチのタッチディスプレイキットは投影型静電容量式タッチテクノ

ロジを使った10 インチ LVDS ディスプレイに映像出力を可能にす

る組込みディスプレイシステム評価キットです。

 

 

キット内容

ZedBoard,MicroZed、などは別途必要となります。

 

MicroZed Industry4.0 Ethernetキット

MicroZed Industry Ether4.0MicroZed Industry 4.0 Ethernet Kitは各種産業用リアルタイム

Ethernet のZynq-7000 AP SoC 搭載の評価ボードです。

同梱されている HMS 社 Anybus® IP 評価版を利用して

直ぐにリアルタイム Ethernetインターフェイスを評価することが可能です。

 

 

キット内容

 
 

納期及び価格等は”お問合せフォーム”でご連絡頂くか、直接goose@goose-pc.netにメールでお問合せ下さい。

ショッピングサイトにおいてはクレジットカード、コンビニ払いがご利用いただけます。
クレジットカード等でのご利用の際は対応を致します。

ご連絡お待ちしています。

 

ZedBoard.orgの使い方 <その4> PetaLinux

PetaLinuxソフトウェア開発キット(SDK) は、ザイリンクスのハードウェア デザイン フローと連動する

ように特別に構築された完全なLinuxディストリビューションおよび開発環境です。

PetaLinux ツールは、ザイリンクスのプロセッシング システム上でエンベデッド Linux ソリューションを

カスタマイズ、ビルド、およびデプロイするために必要なものをすべて提供します。

Xilinx社のWikiサイトにおいて概要、ライセンスの説明、ダウンロードする際のサイトなど知りたい

情報がまとめて見る事が出来ます。

Xilinx wiki petalinux

 

 

設計生産性の加速を目的とするこのソリューションは、ザイリンクスのハードウェア設計ツールと連動し

Zynq®-7000 All Programmable SoC、および MicroBlaze 向けの Linux システム開発をサポートして

います。

ZedBoard.orgからはアプリケーション開発やデバッギングの資料、トレーニングで使用される

PDFファイルを入手する事が出来ます。

 

 

Zed Petalinux

 

Xilinx社評価ボード等のお問合せは”お問合せフォーム”もしくはgoose@goose-pc.net迄メールでご連絡、お問合せ下さい。

ショッピングサイトにおいてはクレジットカード、コンビニ払いでもご購入いただけます。

ご連絡お待ちしています。

 

 

Xilinx社 Zynq 評価ボードの選び方 <Ⅰ> MicroZedは組込みも出来るZynq FPGA評価ボードです。

MicroZed front_view_overlay
Zynqを使った生産数が比較的少量で進められるプロジェクトや短期間で製品化が必要な場合は

SoMでの実現が出来るかの検討をしたいものです。

少しの変更をする事で使用が可能となるソリューションを探している場合、MicroZedボードは

そういった時にもってこいの製品です。

MicroZed Block Diagram

 

評価用に供給をしていますAES-Z7MB-7Z010-GはZynq7010を使用しています。

スタンドアロン・モードでMicroZedでスタートし評価を開始する事が出来ます。

また、簡単にI/OキャリアカードAES-MBCC-IO-G-J(ご購入はこちらから)

または新たに設計したキャリアカードを追加することでSOMとして機能を拡張できます。

io_0

 

 

納期及び製品に関してのお問合せは

”お問合せフォーム”もしくはメールgoose@goose-pc.netにご連絡下さい。

 

ショッピングサイトにおいてはクレジットカード、コンビニ払いでご購入いただけます。

こちらで対応しております。

ご連絡お待ちしています。

ZedBoard.orgの使い方 <その3>

ZedBoard.orgからは様々な情報が入手出来ます。

”↙” 部をクリックします。

Zedorg Fourms

Forumsでは使った際に起こったトラブルや問題などを共有しています。

残念ながら英語のサイトしかありませんが、トラブルの際に役立ちます。

Zed English Forum

結構の頻度で更新されていますので、問題が起こった際にはのぞいて

みられては如何でしょうか?

Sftware Application

ZedBoard.orgの使い方 <その2>

ZedBoard.orgからは様々な情報が入手出来ます。

”↙” 部をクリックします。

zed.org project

 

下記のページが表示されますので、見たいボードの”View”をクリックします。

Zed.org community

 

Zedboardの情報を見てみます。

community project

 

プロジェクトが表示されますので、興味を持たれるプロジェクトを

クリックして下さい。 プロジェクトにより表示されるサイトは異なりますが

参考になる情報を得る事が出来ます。

 

例として中段のプロジェクトOV7670のカメラモジュールをPMODのコネクタに

接続して使うプロジェクトを見てみます。

community ov7670

以下のサイトが表示されます。 この場合はhamsterworksにプロジェクトを

掲載しています。

 

Zed OV7670

サイトをクリックするとプロジェクトの詳細を確認する事が出来ます。

ov7670 project humsterworks

 

CMOSカメラを使ってZedboardに繋いで動かす際の参考となるのでは

ないでしょうか?

 

ZedBoard.orgの使い方 <その1>

ZedBoard.orgからは様々な情報が入手出来ます。

”↙” 部をクリックします。

111

 

login 簡単な登録をすませてLoginして下さい。

 

トレーニング、セミナーで使われている資料の入手が出来ます。

Zed.org トレーニング

 

 

簡単なアンケートに答えるとダウンロード出来るページへと移動します。

各章の説明を”View”をクリックすると動画で見る事も出来ます。

 

1234

 

開発に必要な情報を入手して下さい。

 

Zynq Smart Vision開発キット が発売されました!

Zynq Smart Vision開発キットが発売されました。

型番AES-Z7PZ-SVDK-G-J

Smart Vision 開発キットは、マシン ビジョン アプリケーション向けの

PicoZed System-On-Module(SOM)を最大限に活用します。

(PicoZedの仕様に関しては別途お問合せ下さい)

 

SmartVision-aptina-microzed board

このキットには、開発に必要な、PicoZed 7015 Zynq SOM、Smart Vision キャリア カード、

1.2MP Aptina カメラ モジュール、パワー サプライ、複数ケーブル、

Vivado Design Edition(デバイスは Zynq 7015 にロック)の 1 年間使用ライセンス バウチャー、

が含まれています。

Smart Vision キャリア カードが GigEVision、USB3Vision、および CoaXPress などの

ビジョン業界標準のコネクティビティ インターフェイスを提供します。

12345

納期及びその他詳細に関しては”お問合せフォーム”からご連絡を頂くか

もしくはメール goose@goose-pc.net 迄 ご連絡、お問合せ下さい。

ZedBoard.orgはZedboard、MicroZed等の開発キット情報が満載です。

Zedboard.org は、アヴネット・エレクトロニクス・マーケティング(EM)が主催する、

Zynq7000シリーズの開発ボードZedboard開発キット、およびMicroZed 開発ボードをはじめ、

アプリケーションに特化した開発Kit、周辺機器のサポートを目的としたコミュニティー・ベース

のウェブサイトです。

Zedboard.orgトップページ

ZedBoard.org

 

最新情報が入手出来るのはもとより、簡単な登録を行うだけで世界中で開発されている様々な

プロジェクトを知る事が出来ます。トレーニング資料もダウンロードして入手も可能です。

Zynq7000シリーズを使っての開発を検討されている方、評価用ボード、Kitなどの詳細情報の

入手に活用出来ます。

ZedBoard.org にアクセスしてみて下さい。

« Older Entries   ZedBoardのお問合せ
  ZedBoard超小型PC Raspberry Piご案内
ZedBoard
超小型PC|Raspberry Pi|ハードウェア開発ソフトウェア開発
Raspberry PiやArduinoをはじめオープンソースを利用した製品化のGoose
〒567-0012 大阪府茨木市東太田2-1-10-4 Tel/Fax:072-601-3330
Copyright© 2010 超小型PC|Raspberry Pi|ハードウェア開発ソフトウェア開発 All Rights Reserved.
Top