Arty超小型PC Raspberry Piご案内

Posts Tagged ‘Arty’

Spartan7の評価用ボード Arty S7 その2

Arty S7ボードは ザイリンクス社製FPGA、Spartan-7が搭載されており、メーカーをはじめ

ホビーストにも使いやすいArty ファミリの最新作です。

Spartan-7 FPGAはザイリンクスの最新テクノロジを使用して設計された、サイズ、パフォーマンス、コスト意識の高いデザインを提供しています。Spartan-7 FPGAはVivado Design Suiteと完全に互換性があります。このFPGAをArtyフォームファクターに組み込むことで、さまざまなI / Oおよび拡張オプションがユーザに提供されます。Arty S7は、MicroBlaze対応に設計されており、無料のXilinx社 WebPackバージョンのVivado Design Suiteですぐに使用できます。

 

製品マニュアル、回路図は以下から入手して下さい。

 

動画にて製品概要を手早く確認する事も出来ます。
(約3分弱です。)

 

納期、価格のお問合せは

http://www.goose-pc.net/inquiry

よりお願い致します。

グース ショッピングサイトではクレジットカード、コンビニ払いのご購入にも対応しております。

 

Spartan7の評価用ボード Arty S7 販売開始!

Arty S7ボードは ザイリンクス社製FPGA、Spartan-7が搭載されており、メーカーをはじめ

ホビーストにも使いやすいArty ファミリの最新作です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Arty S7には2種類のFPGAを搭載した製品がありArty S7-25はXilinx XC7S25-CSGA324を搭載

(型番:410-350)、Arty S7-50はXilinx XC7S50-CSGA324(型番:410-352)を搭載しています。

現在はArty S7-50(型番:410-352)が供給可能となっています。

 

主な特徴

・450 MHz 以上のInternal clock speeds
・MSPSオンチップAD変換器 (XADC) x1
・JTAG経由でSPIフラッシュをプログラム可能
・256 MB DDR3L with 16-bit bus @ 667 MHz
・128 MB Quad-SPI Flash
・100 MHz External Clock
・Pmod™ Ports x4
・標準 12-ピン Pmod コネクタ x2
・高速 12ピン Pmod コネクタ x2
・USB-UART ブリッジ
・Arduino/chipKIT シールド コネクタ
・動力はUSB または 7V-15 V 外部電源
・USB-JTAG プログラミング

製品の詳細はこちらから入手出来ます。

 

納期、価格のお問合せは

http://www.goose-pc.net/inquiry

よりお願い致します。

グース ショッピングサイトではクレジットカード、コンビニ払いのご購入にも対応しております。

 

 

 

 

Arty Z7:APSoC Zynq-7000開発ボード <その2> 型番:410-346-XX

ZynqはプロセッサとFPGAの組合せで様々なアプリケーションに活用する事が出来る

チップです。

販売が開始されたZynq搭載の評価開発ボードはArty Z7には2つのタイプがあります。

XC7Z010-1CLG400Cが搭載されたArty Z7-10(型番:410-346-10)*及び

XC7Z020-1CLG400Cが搭載されたArty Z7-20(型番:410-346-20)の2種類に

なります。

*-10は現在供給開始待ちです。

 

従来販売されているZYBOやZedboardとどこが異なるかをDigilent社はBlogのページで分かりやすく説明しています。

使用されているデバイスによるスペックがもたらす仕様は別にして、大きく異なる点としては

・HDMI入力と出力

・USBホストの追加

・Arduino(chipKIT)シールとコネクタ

などがあげられます。

 

リソースセンターページより

HDMI入力HDMI出力、それぞれのデモプロジェクトを入手できます。

Githubに収められたArty Z7でのPetalinux Quick Start Guideもあります。

 

納期、その他、お問合せフォームより気軽にご連絡下さい。

ショッピングサイトにおいてはクレジットカード、コンビニ払いでもご購入いただけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

2.8inchマルチタッチディスプレイシールド 型番:410-317

Digilent社のMulti-Touch Display Shielオンボードマイクロコントローラを備えた2.8インチタッチスクリーンディスプレイです。
ディスプレイはQVGA解像度(320×2402本の指でマルチタッチをサポートする容量性タッチスクリーンタイプです。

ファームウェアとライブラリを使用するとユーザーインターフェイスを素早く簡単に設計できます。
タイミングに依存するタスクはファームウェアによって処理されるため、ディスプレイを既存のプロジェクトに統合することも簡単です。

 

 

 

ライブラリはArduino IDEとXilinx SDKでサポートされており、Arduino、chipKIT、Artyのホストボードでテストされています。

Arduinoと接続              Artyと接続

 

特徴:
2.8 “QVGA(320×240)ディスプレイ
16ビット/ピクセルカラー
2点容量性マルチタッチ
200MHz、32ビットPIC32MZベースのグラフィックドライバ
100以上のAPI機能を備えたオンボードライブラリ
microSDメモリーカードスロット

製品詳細はDigilent社のリソースセンターから入手出来ます。

 

納期、その他、お問合せフォームより気軽にご連絡下さい。

ショッピングサイトにおいてはクレジットカード、コンビニ払いでもご購入いただけます。

AMS101 Xilinx FPGA内臓のXADCの検証に簡単に使えます<その2>

AMS101 評価カードは、XADC (ザイリンクス アナログ デジタル コンバーター) アナログ信号の検証が
可能な評価プラットフォームです。

 2016-04-25 14.16.12
AMS101を使う為にAMS Evaluator をダウンロードします。
National Instruments 社のLabView ソフトウェアをベースに構築されたAMS Evaluator には、
XADC 測定結果を表示する為のAMS101 評価カードとリファレンス デザインが付属します。
ダウンロードの方法はXilinx社Wikiページにて確認できます。
手順に従ってファイルをダウンロードするとショートカットアイコンが出現します。
AMS Icon
こちらから入手したユーザーマニュアルに基づきFPGAボードと組合せて使用していきます。
Artix-7の安価な評価ボードArtyボードと使う場合は以下のページをを参照下さい。
http://www.wiki.xilinx.com/ARTY+A35T+AMS
AMS101 Arty

 

AMS101に関しての納期及び価格は”お問合せフォーム”でご連絡頂くか、goose@goose-pc.net 宛メールでお問合せ下さい。
ショッピングサイトにおいてはクレジットカード、コンビニ払いでもご購入いただけます。

ご連絡お待ちしています。

Xilinx FPGA Artix7の低価格評価ボード ”Arty”  その5

Artyは低価格で使用が簡単なXilinx社Artix-7 FPGA評価キットです。

 

MicroBlaze(ソフトウェアプロセッサ)を使用したエンベデッドシステムのFPGAの

設計において、アプリケーションソフトがFPGA内部のブロックRAMに収納しきれない

場合は外部メモリに格納、実行する事となります。

 

ソフトウエア全体がFPGAのBRAM内に収まらない場合アプリケーションプログラムは

不揮発性メモリ(QSPIフラッシュなど)に置きます。

データ内容:
・ハードウエア・ビットストリーム(MicroBlazeのコンフィギュレーションデータも含む)
・BRAM初期化データ(ブートローダのELFファイル)
・アプリケーション・プログラムのELFファイル

ツール:
・Data2MEM(注)のツールでハードウエア・ビットストリームとBRAM初期化データからハードウエア+ソフトウエア(ブートローダ)を結合したビットストリームファイル(download.bit)を生成し、そのビットファイルで不揮発性メモリにプログラムされます。
・フラッシュの別のアドレスにアプリケーションプログラムのELFファイルの内容がプログラムされます。

フラッシュへの書き込みツール
・Vivadoのハードウエア・マネージャを用いる
・SDKを用いる

(注)Data2MEMは、複数のブロックRAM(1つの連続した論理アドレス・スペースで構成される)で使用される連続したデータブロックのデータを変換するツールです。7シリーズ・デバイスとシングル・チップ上のエンベデッドCPUを使用する場合にData2MEMを使用すると、CPUのソフトウエア・イメージをFPGAビットストリームに含めることができます。この結果、CPUソフトウエアがFPGAビットストリーム内のブロックRAMのメモリから実行できるようになり、効率的で柔軟な方法でCPUソフトウエアのパーツをFPGAデザイン・ツール・フローに統合できます。また、Data2MEMを使用することで、CPUを含めないデザインのブロックRAMの初期化も簡素化できます。

 

Avnet社のArtyのサイトにQSPIブートローダーのアプリケーションがあります。

Arty QSPI

 

納期及びその他は”お問合せフォーム”もしくはgoose@goose-pc.net迄メールでご連絡、お問合せ下さい。

ショッピングサイトにおいてはクレジットカード、コンビニ払いでもご購入いただけます。

ご連絡お待ちしています。

Xilinx FPGA Artix7の低価格評価ボード ”Arty”  その4 

Artyは低価格で使用が簡単なXilinx社Artix-7 FPGA評価キットです。

 

ArtyのパッケージにはXilinxと伴に、AvnetとDigilent、3社の表示があります。

デザインはAvnetが行い、製造はDigilentという構図ですが、それぞれが型番をつけています。

Arty 部分

Avnet 型番:AES-A7MB-7A35T-G

Digilent 型番:410-319

 

製品としては同じものです。

 

 

 

 

サンプルデザインはAvnet社のArtyのサイト矢印部をクリックし、

Arty Download information

”Support and Downloads”のページで入手する事ができます。

入手出来るサンプルデザインは3つ用意されています。

Arty Application

Artyボードに実装、テストされたMicroBlazeについて用意されたものです。

 

Xilinx社のWikiサイトにもArtyを使ったFreeRTOS WebServer (進行中)プロジェクトがあります。

MicroBlaze Arty

 

このWikiサイトはLinuxやZynqに関しての情報も多く見られますので活用頂けるのでは

ないでしょうか。

 

納期及びその他は”お問合せフォーム”もしくはgoose@goose-pc.net迄メールでご連絡、お問合せ下さい。

ショッピングサイトにおいてはクレジットカード、コンビニ払いでもご購入いただけます。

ご連絡お待ちしています。

Xilinx FPGA Artix7の低価格評価ボード ”Arty”  その3

Artyは低価格で使用が簡単なXilinx社Artix-7 FPGA評価キットです。

 Arty-Front-Angle-250x250 Arty-Front 2015-10-17 12.22.23

製造元のDigilent社のWikiサイトからも製品詳細情報を見る事が出来ます。

Arty Resource Center

ユーザーマニュアルは

こちらにあります。

 

動画での説明もYou Tubeで公開されています。

動画はこちらから

Xilinx社の方が説明しています。

Arty You Tube

 

納期及びその他は”お問合せフォーム”もしくはメールgoose@goose-pc.net迄ご連絡、お問合せ下さい。

ショッピングサイトにおいてはクレジットカード、コンビニ払いでご購入いただけます。

ご購入に際してはこちらで対応しております。

ご連絡お待ちしています。
 

 

 

Xilinx FPGA Artix7の低価格評価ボード  ”Arty”  その2

販売が開始されましたArtyは低価格で使用が簡単なXilinx社Artix-7 FPGA評価キットです。

ArtyはArduino™ 拡張コネクタ、および最大4個のDigilent Pmod 規格準拠のヘッダーへ接続できます。

Arty ブロック図

Arty ブロック図2

arty/refmanual.txt · Last modified: 2015/10/10 00:00 by Sam Bobrowicz
Except where otherwise noted, content on this wiki is licensed
under the following license: CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported

 

アプリケーションノート/リファレンスデザインは現在以下が用意されています。

・Arty Out-Of-Box GPIO Demo Design(Vivado 2015.2)

・Arty QSPI SREC Bootloader Example Design (Vivado 2015.2)

・Arty EthernetLite LwIP Applications Example Design (Vivado 2015.2)

詳細はAvnet社のWebページをご覧下さい。

 

納期及びその他は”お問合せフォーム”もしくはメール goose@goose-pc.net迄 にてご連絡、お問合せ下さい。

グースでは低価格 14,980円(税別、送料別)で販売を開始しています。

ご購入に際してはこちらで対応もしております。

こちらのショッピングサイトにおいてはクレジットカード、コンビニ払いでの購入が可能です。

 

 

Xilinx FPGA Artix7の低価格評価ボード ”Arty” 販売開始!!!

Arty  FPGA Evaluation Kitは組込み設計にカスタマイズ可能な低価格開発キットです。

Xilinx FPGA Artix-7 35Tを使ったプロトタイプの作成やテスト用、

ソフト プロセッサを使ったシステムの検討などに低価格で使える評価用ボードです。

Arty-Front

Kit内容

・​Avnet Artix-7 35T Evaluation Board
– Artix-7 XC7A35T-L1CSG324I Device

・Software Tools
– Xilinx Vivado: Design Edition – Device locked to XC7A35T

Arty-Front-Angle-250x250

詳細はAvnet社のWebページをご覧下さい。

 

納期及びその他、”お問合せフォーム”もしくはメールgoose@goose-pc.net迄ご連絡、お問合せ下さい。

グースでは低価格 14,980円(税別、送料別)で販売を開始します。

ご購入に際してはこちらでも対応しております。

ショッピングサイトにおいてはクレジットカード、コンビニ払いでの購入が可能です。

 

 

  Artyのお問合せ
  Arty超小型PC Raspberry Piご案内
Arty
超小型PC|Raspberry Pi|ハードウェア開発ソフトウェア開発
Raspberry PiやArduinoをはじめオープンソースを利用した製品化のGoose
〒567-0012 大阪府茨木市東太田2-1-10-4 Tel/Fax:072-601-3330
Copyright© 2010 超小型PC|Raspberry Pi|ハードウェア開発ソフトウェア開発 All Rights Reserved.
Top